2008年07月22日

衛気営血弁証(4)血分証



●どんな病証?
・温熱病のうち最も深く重い段階
・病変特徴は
耗血:(熱や慢性病で)陰血を耗傷すること
動血:(脈絡を灼傷、血を脈外に出して)各種出血
傷陰:脱液ともいう。陰液が枯渇したもの
動風

の4つです

●主な所見は?
上の4つの特徴から大きく分けると

@吐血、衄血、血便、血尿、舌質紅絳、はっきりとした斑疹
⇒ 動血

A意識障害、躁動(手足バタバタさせる)、手足の痙攣、頸項部の強直、両目上視
 牙関緊急(咬筋の痙攣)

⇒ 耗血、動風

B持続する微熱、暮熱早冷(夜熱出て朝には解熱する)、五心煩熱、口咽乾燥、難聴
 精神不振

⇒ 傷陰

C身体が痩せてくる、唇や舌が萎縮する、目が陥没する、歯が乾き艶がなくなる
 傾眠、手足がピクピク動く、痙攣することもある

⇒ 傷陰、耗血

●治療方針と選穴
方針 : 清熱涼血
選穴 : 主に 足少陰経、足厥陰経穴、任脈経穴
手技 : 補法(督脈に瀉法も)。灸はダメ。

タグ:中医学
posted by epg* at 04:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ガイゼミ復習
この記事へのコメント
いやー すばやく 的確にまとめたね。ここらへんはノーマークだったよ。この角度から患者さんを診るとまたちがってくるかな?ほな 熱中症に気をつけて ハッスルしていこう!
Posted by ごとう at 2008年07月23日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック