2008年07月22日

衛気営血弁証(1)衛分証




●どんな病証?
・温熱の邪気が肌表に侵襲したため、衛気の機能が失調して起こる証候
温熱病の初期によくみられる
肺経の症状を伴うことが多い
・八綱弁証でいうところの表熱証

●主な所見は?

@発熱悪寒
⇒ 衛気が鬱の状態にされて起こる。温は陽邪なので、発熱強めの悪寒は弱めです

A舌紅、脈浮数
⇒ 温熱の邪が表にあることによる

B頭痛
⇒ 温熱の邪が清竅に上擾(上に影響すること)しておこる

C咳、咽喉腫痛
⇒ 肺がらみです(衛気が鬱して肺気不宣⇒咳、喉は肺の門戸なので

●治療方針と選穴
方針 : 疏風解表 + 宣肺
選穴 : 主に 手の太陰と陽明経、督脈経穴
手技 : 浅刺しで瀉法。灸もOK



タグ:中医学
posted by epg* at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイゼミ復習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック