2008年07月22日

衛気営血弁証(0)その前の段階;『温病』とは?




衛気営血弁証について学ぶ前に『温病』について少し触れておきます

温病は いろんな種類の外感熱病の総称 のことです
これらの主な特徴は 
『熱』であって、『寒』ではないこと
・病状は 化燥傷陰 に発展しやすいこと
の2つであります

各種の温病の名称は多岐にわたりますが
主なものは 風温、湿温、温熱 の三種です
それぞれの意味は
風温 : 発熱、咳、気急(呼吸困難)、口渇など肺胃熱盛の性質を持つ
湿温 : 発熱が退かず、胸悶、悪心、食欲減退、便秘下痢など湿熱阻滞の性質を持つ
温熱 : 高熱、面紅、口渇、発疹(広範囲の場合も)、心煩、酷いと神昏(意識混濁)
     などの症候を特徴とするもの
といった感じ

これらはみんな一定の発展法則があり、衛気営血弁証で弁別します
ということで

衛気営血弁証は 温熱病の発展過程を病位・程度に基づいて分類したもの です

分類は 大きく4つの段階(衛分証・気分証・営分証・血分証)に分かれていますので
1つずつみていきます

タグ:中医学
posted by epg* at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイゼミ復習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック